header_line

厚生年金と共済年金の一元化

itigenka.jpg

判型:B5判

頁数:84

本体価格:800円

税込価格:864円

ISBN978-4-901354-60-8

発行:2015-06

補正・正誤表

ただいま在庫切れです
平成27年10月に施行される「被用者年金制度の一元化等を図るための厚生年金保険法等の一部を改正する法律」によって共済年金と厚生年金は一元化され、共済年金は厚生年金に吸収される形となります。一元化に伴う制度の変更について、共済年金がどのように改定されるかに力点をおきつつ、これからの被用者年金のしくみを解説します。年金相談実務などに携わる方向けの専門書です。
【内容】
・被用者年金制度の一元化法の基本
・被用者年金制度の現状と一元化の目的
・公的年金給付のしくみの改正/改正後の厚生年金制度
・厚生年金及び共済年金の主な制度的差異の解消及び経過措置
・既裁定年金等の経過措置
・退職共済年金の職域部分の廃止と「新しい退職等年金給付」の概要
・国公共済組合の職域部分に代わる「新しい退職等年金給付」のしくみ

ホームに戻る